女性

片頭痛は頭痛薬で緩和する~ズキズキする痛みを治すコツ~

頭の痛みを消す

悩む女性

飲み合わせに気を付ける

頭痛薬は、頭が痛い時や痛くなりそうな時に飲むことで症状を和らげる作用があります。頭痛を感じる人は多く、偏頭痛など慢性的な頭痛がある人以外にもアルコールや睡眠不足などで頭痛が起きることも多く日常的によく起こる症状の一つであると言えます。その為、頭痛薬を簡単に服用する人も多いですが、服用には飲み合わせに気を付ける必要があります。痛み止めなどの内服薬を病院で処方されて飲んでいる場合などに、頭痛薬も合わせて飲むと効き目が強すぎて副作用を起こすことがあります。抗炎症薬や向精神薬などの場合は、眠気が起きるなどの症状が出ることがあります。眠気が強すぎて、仕事や日常生活に支障が出ることがあります。頭痛薬を飲む際には、他の薬と一緒に服用しないように気を付ける必要があります。また、1か月に10日以上も頭痛薬を服用している場合は頭痛薬の服用のし過ぎで頭痛が起きていることも考えられます。頭痛には薬物乱用頭痛というものもあり、薬の服用のしずぎで起きることもあります。時々頭痛が起きる場合には問題がない場合が多いですが、1か月に何度もある場合や慢性的な頭痛がある場合は脳神経外科や精神科、心療内科なども受診して原因を突き止める必要があります。

急激な痛みには気を付ける

頭痛が起きる原因には、食べ物や不規則な生活習慣、アルコールやストレス、遺伝や体質など様々なものがあります。多くは、偏頭痛などの体質やストレスによるものが考えられます。痛みが慢性的に続くような場合です。しかし、急激な痛みがある場合は病気も考えられます。普段とは違うような突然の強い痛みが出た場合は、症状がすぐに治まった場合でもすぐに医療機関を受診して詳しく診てもらう必要があります。治療に関しては、生活習慣の改善を行う指導や薬物療法などが行われます。頭痛の原因は人によっても様々であるため、どんな時に頭痛が起きるのかチェックしておくことも症状改善につながります。脳神経外科や神経内科などを受診して問題がない場合は心療内科や精神科を受診して詳しく診てもらうようにします。頭痛は完治させることも不可能ではなく、症状も落ち着かせたりとコントロールすることも可能になります。我慢して市販の頭痛薬を容易に服用してしまうよりも、医療機関で処方される薬を服用したほうが症状に合った薬を手に入れることが出来るため回復も早いと言えます。急激な痛みには気をつけながら、しっかり治療に励んでいくことが一番大事であると言えます。

Copyright© 2015 片頭痛は頭痛薬で緩和する~ズキズキする痛みを治すコツ~ All Rights Reserved.