効果的な薬の使い方病との正しいつきあい方を考える

片頭痛は頭痛薬で緩和する~ズキズキする痛みを治すコツ~

ズキズキする

鬱病による頭痛で頭痛薬が必要な方は漢方がオススメですよ。漢方は副作用が少なく精神的症状に効果的な物もあります。

女性

市販薬の効果

頭がズキズキする片頭痛に悩んでいる人は多く、840万人にも及ぶ日本人に自覚症状があると言われています。片頭痛に苦しむ世代は男性の場合は、20代から30代で女性の場合は30代から40代の比較的若い世代に多いのです。しかし痛みがあっても病院で治療を受ける人は少なく、7割近くが様子を見ているのです。片頭痛は唐突に起きることが多く、あまりに痛くて仕事や家事ができなくなることもあります。片頭痛の原因は、頭の血管が拡がって炎症が起きて痛くなるのです。対処方法として冷たい水で濡らしたタオルなどを、患部にあてて静寂なところで横になるのがいいです。患部をマッサージしたりシャワーを浴びたり、お風呂に入るとかえって血管が拡がり痛みが増すので避けるようにします。またコーヒーや緑茶には血管を収縮させる効果があるカフェインが含まれているので、適度な量を飲むのも効果があります。市販の頭痛薬は一時的な鎮痛効果はありますが、血管を収縮させることができないので根本的な治療にはならないのです。片頭痛になっても横になって1時間から2時間も寝ていると、拡がった血管も元に戻り痛みが治まってきます。片頭痛は普段の生活習慣から起きることも多いので、予防するにはストレスを溜めない、騒音が多い場所は避ける、光線をなるべく浴びないようにするなどすることです。また赤ワインやチョコレート、チーズなどの食物は血管を拡げる作用があるので避ける方が無難です。

どこで治療するか

片頭痛になると診断してもらうのは内科がいいです。市販頭痛薬が効果があまりなかったときは、クリニックで血管を収縮させる薬を処方してくれます。トリプタン系の頭痛薬は血管を収縮させる効果があり痛みが起きはじめたころに飲むのがいいです。トリプタン系の頭痛薬が使えない患者には、エルゴタミン製剤を処方してくれます。また片頭痛の予防薬には、カルシウム拮抗薬や抗てんかん薬などが使用されます。片頭痛は頭の血管が広がることで起こる頭痛ですが、頭の血管が拡がるにはセロトニンが関係しているのです。セロトニンは神経伝達物質のひとつで脳の中でセロトニンが増加すると血管が収縮し、次にセロトニンの分解によって血管が拡がって炎症になり痛みが起きてくるのです。セロトニンは顔の表情や視覚や聴覚、臭覚などの情報を伝達する神経を圧迫するので光線や臭いなどに敏感に反応してしまうのです。片頭痛の原因は生活習慣や食生活が関係している以外では、遺伝的要素もあると言われています。片頭痛は月に1回から2回の頻度で起き痛みが4時間から72時間続くことがあるのですが、痛みが治まるとそれまでの苦痛がなかったかのように消えてしまうので、病院へ行かないままの人が多いのです。しかし痛みが頻繁に起きるようであれば、我慢しないで早期に医師の判断を仰ぐことです。

頭痛を治すために

ウーマン

市販薬に比べて病院で処方される頭痛薬は、効果が高いのが特徴です。そのため、この手の頭痛薬の処方が受けられる専門外来や病院は人気があります。複雑なメカニズムを持つ偏頭痛の改善に効果があるのが、血管や神経に働きかけるタイプの薬です。

Read More...

薬で頭の痛みを抑える

笑顔の女性

頭痛に悩んでいる際に、頭痛薬を服用するのは効果的ですが、頭痛の根本的な解決には至っていないことに配慮するべきです。頭痛薬の服用が長期に及ぶと薬の効きが弱くなるので注意しましょう。自らの頭痛の原因を突き止め、根本的な解決を行なう努力が重要です。

Read More...

頭の痛みを消す

悩む女性

頭痛薬は、飲み合わせに気を付けて1か月に10日以上服用しないほうが良いと言われています。市販薬ではなく医療機関を受診して症状に合わせた頭痛薬を処方してもらうことで体の早い回復を図ることが出来るようになります。

Read More...

薬との付き合い方

ウーマン

頭痛薬は頭痛の種類の数だけ存在し、その症状にあった頭痛薬を飲まなければなりません。そういった適した薬を使い、ストレッチや食後に水で飲むなどの工夫をすることで頭痛薬は十分なパフォーマンスを発揮できるでしょう。

Read More...

Copyright© 2015 片頭痛は頭痛薬で緩和する~ズキズキする痛みを治すコツ~ All Rights Reserved.